犬は吠えるがキャラバンは進む

The Dogs Bark, But The Caravan Moves On.

2022/06/28 English

Today I watched the world inside me once again. Once I thought that I had many dirty or strange essences in me. A desire for women or material success. But now I can see that it was made by others as a certain bully. They made me think of …

2022/06/28

今日、自分自身の内側を今一度見つめてみた。その昔、私は自分の中にあるものがとても穢れた、あるいは奇妙な要素のように思われた。肉欲、あるいは物欲。でも今は、そんな風に自分を捉えること自体がいじめなどで他人からそう仕向けられたことがわかる。今…

From Mezzanine 2022/06/28

Today I went to the English conversation class again. I have written my diary in English and Japanese for over a year, even if I have never decided to do something great. I just wanted to do the action like this. So the people who like me …

中二階日記(2022/06/28)

メッセージ [DVD]エイミー・アダムスAmazon某月某日今日は英会話教室に行った。特にこれといって何かの決意を固めたわけもなく、ただやってみたかったからという理由で英語と日本語で日記を書き続けて1年が経とうとしている。そんななので、私のことを知る人…

2022/06/27 English

Today, reading Yoshimichi Nakajima's "Nietzsche", I thought about this. "Why do I want to do philosophy?". Why do I ask various philosophical questions to me? To live 'a better life'? Then, what is the meaning of live 'a better life'? Once…

2022/06/27

今日、中島義道『ニーチェ』を読みながらふと「どうして自分は哲学をしたいと思うのだろうか」と考えた。なぜ自分自身に問いかけるのか。「よく生きる」ため? ならば「よく生きる」とはどういうことだろうか、と。かつては私も「偉くなる」や「金持ちになる…

From mezzanine: 2022/06/27

I'm reading Yoshimichi Nakajima's "Nietzsche: Living in nihilism". Yoshimichi Nakajima blames the Japanese atmosphere that people read Nietzsche's philosophy as a clean or poisonless one. People try to read him as something safe and easy..…

中二階日記(2022/06/27)

ニーチェ ---ニヒリズムを生きる (河出ブックス)作者:中島 義道河出書房新社Amazon某月某日中島義道『ニーチェ ニヒリズムを生きる』を読んでいる。中島義道はこの本で、ニーチェの哲学が解毒あるいは消毒され、危険性を抜かれて解釈する日本の風土を口を極…

2022/06/26 English

A native speaker pointed out my mistakes in writing in English. Frankly, it's difficult to accept the fact that I made mistakes. But I don't want to say that it would be OK if I could be understood. It's a so-called 'so-what attitude'. A J…

2022/06/26

あるネイティブ・スピーカーの方から、私の英語日記に関してミスを指摘される。もちろん正直に言えば、ミスを認めるのはなかなか難しい。通じればそれでいいのだ、というのは一種の居直りであり悪あがきだろう。アントニオ猪木は「負けを認められない奴は強…

2022/06/25 English

There are some interesting opinions in Tetsuya Furuta's book "The First Wittgenstein". "Once Wittgenstein answered the question by his friend that how to make this world better. 'Change yourself better'. That is only one thing you can do t…

2022/06/25

古田徹也『はじめてのウィトゲンシュタイン』の中に面白い言葉が登場する。「ウィトゲンシュタインはあるとき、世界をよりよくしたいという友人に対してこう答えたという。『あなた自身を改善するのがいい。それが、世界をよりよくするためにあなたができる…

2022/06/24 English

I went to a library and borrowed Hitoshi Nagai's "The philosophy for children" and Nietzsche's "On Genealogy of Morals". Hitoshi Nagai's this book was the one I had read again and again when I was a student at Waseda. And it still brings m…

2022/06/24

図書館に行き、永井均『〈子ども〉のための哲学』とニーチェ『道徳の系譜』を借りる。永井均のこの本は私が早稲田に在籍していた頃に愛読していた記憶があるのだけれど、今読んでも実にフレッシュで面白い。私自身は実はまだ「子ども」ではないだろか、と思…

2022/06/23 English

Recently I've been listening to Kenji Ozawa's albums again. Especially I've been into the albums "The Dogs Bark, But The Caravan Moves On" and "LIFE". I guess these two albums are asking me a question. It's that "Can you praise an ordinary…

2022/06/23

ここ最近、小沢健二のアルバムを聴き返している。『犬は吠えるがキャラバンは進む』と『LIFE』の2枚を特によく聴いている。これらのアルバムは、私にとある課題を投げかけているように思う。「普通の暮らし」を祝福できるかどうか? というものだ。何てこと…

Life is a showtime.

LIFEアーティスト:小沢健二ユニバーサル ミュージック (e)Amazonここ最近ぼくは、小沢健二のアルバムを聴き返している。とはいうもののぼくもすでに今年で47になるので、感受性が硬直したせいか若い頃に聴いた『犬は吠えるがキャラバンは進む』や『LIFE』が…

2022/06/22 English

This morning I joined the room that a friend Cindy had opened on Clubhouse. I learned "how to speak English with confidence" with other members. We learned how to manage our voices' tone and volume, and after that, we talked about how to m…

2022/06/22

朝、clubhouseでシンディさんが開いたルームに入る。そこで「自信を持って英語で話すにはどうしたらいいか」を学ぶ。声のトーンや大きさについて学び、そこから話は心構えについてにまで至る。私は出川イングリッシュについて話した。出川哲朗の英語は確かに…

2022/06/21 English

I started having an interest in Haruki Murakami again. I want to read his debut novel "Hear The Wind Sings". It's just a novel about ordinary life. The characters spend their time listening to The Beach Boys with minor activities such as g…

2022/06/21

また村上春樹に関心が戻りつつある。彼のデビュー作『風の歌を聴け』を読みたい、と思っているのだった。実に他愛のない、ビーチ・ボーイズを聴きながら女の子をナンパしたり友だちとビールを飲みながらおしゃべりしたりラジオで音楽を聴いたり、そうして無…

2022/06/20 English

This afternoon I had a chance to see a woman who had met once at an English conversation class. She praised my English and told me about another English meeting in this city. Of course, I felt very thankful for her kindness. I heard that o…

2022/06/20

今日昼に、英会話教室で知り合った方とお話しする機会があった。その方は私の英語力を認めて下さって、市内の施設で行われている英語関係の集いを紹介して下さった。もちろん、非常にありがたいことだ。来月3日にまた集いがあるということなので行ってみよう…

2022/06/19 English

Today we had an online meeting about autism. Caring corona, we had it on ZOOM. This time I talked about how I have done my activity on Clubhouse. I had started using it with the recommendation of a person who is from the Shiso Internationa…

2022/06/19

今日は発達障害を考えるミーティングがあった。コロナに気をつけて、ZOOMでオンラインで開く。私は今回はclubhouseで自分がどのような活動を行っているかを話した。宍粟市国際交流協会の方から薦められて登録してみたこと、そしてジュディスさんと出会ったこ…

2022/06/18 English

Truman Capote declared that “I'm an alcoholic. I'm a drug addict. I'm homosexual. I'm a genius”. TBH once I had thought that I might be a genius so I had to live this difficult life and become an alcoholic. The ecstasy and anxiety of being…

2022/06/18

トルーマン・カポーティは「ぼくはアルコール依存症だ。ぼくはドラッグ中毒者だ。ぼくは同性愛者だ。ぼくは天才だ」と宣言(?)した。私自身も、自分がこんなにも生きづらい思いをしてアルコール依存症に陥り、不幸のズンドコに陥らなければならないのは自…

2022/06/17 English

I started reading Yoshikichi Furui's "The Passage of Chimes". I remember that I will be 47 this year. But even at this age, I have never dated anyone so marriage is a dream. My life has been separated from any beautiful youth. In "The Pass…

2022/06/17

古井由吉『鐘の渡り』を読み始めた。思えば私も今年で47歳。この歳になっても、結婚どころかデートすらしたこともない。華やかな青春とは無縁に生きてきた。『鐘の渡り』では老いを生きる人々の死生観や省察が生々しく綴られていて、その筆致に息を呑む。私…

2022/06/16 English

I made a draft for my presentation at the meeting about autism the next Sunday. It is about the activity I have done on Clubhouse. I had started Clubhouse by the recommendation of a friend to express myself in English. And I met Judith and…