跳舞猫日録

Life goes on brah!

2024/02/26 BGM: The Who - Magic Bus

今日は遅番だった。今朝、イオンにて読書に興じる。買ったばかりの江利川春雄『英語と日本人』を少しめくってみるつもりが、文字通り「読む手が止まらない」面白い1冊だったので読み終えてしまった。実におかしみを湛えた、そしてスリリングな興奮を提供してくれる1冊だ。日本人が過去どのようにして真剣に、そして滑稽に英語を学ぶべく奮闘してきたかその歴史が丹念に綴られている。200年にわたってこの奮闘は続けられてきて、いまもなお進行しているのだ。

そんなにも長い時間を、ぼくたち日本人は英語を学ぶことに費やす。だが、成就するのは実に至難の業。では、そんな不可能な試みでありうる英語学習をどうしてぼくはまた続けるのか。英語がペラペラであることが単にカッコいいからという理由でからなのか。あるいは世界市民コスモポリタンと呼ばれる「世界に通用するグローバル人材」)になりたいからなのか。わからないけれど、いまはぼくはそんなアホくさいというか小賢しい戦略に振り回されず英語を使おうと思っている。

この本は興味深い意見・アイデアを提示している。英語がペラペラに話せる能力(語学力)は人の価値そのものまで決めたりしない、というシンプルにして侵しがたい真実だ。ああ、過去にアホな考えを持ち続けていたこと、囚われ続けていたことを思い出す。その昔、ぼくは普通の人よりも英語がペラペラな人は端的にすぐれているものだと決めつけてしまっていたのだった。人格においてさえも上ではないか、ステージが違うのではないか、とか。ああ、バカげた考えだった。誰もがその人らしくあることがそのまますばらしい、という基礎に返りたい。

振り返ってみて、そして思い出す。このすばらしいインターネット時代以前、ぼくは日本人(概してモノリンガルな人たち)はそれゆえに劣っているとまで思っていた。だから海外の人々に追いつき追い越す勢いで英語を学ぶべきなのだ、と。でも、いまはさすがにそんな極端なことは考えない。多様性の時代、バラエティな世界が到来した。そして、ぼくはこの自分を等身大の日本人として差し出せないか、と思い始められるようにもなった。頑固なバイアス(偏見・思い込み)から逃げられたのだろうか。

思い出す……ある友だちが今朝、ぼくの英語について「ほぼ(『ほぼ』だけど)C2だ」と行ってくれたのだった。どれだけすごいのかわからなかった……いまも実はピンと来ていない。もちろん、そう言われたことは面映ゆいことでありありがたいとしか言いようがない。でも、過去ぼくの英語はほんとうにひどかったのでそう言われたことが端的に信じられないことだとも思ってしまう。いまだって発音は実に日本人なまりがこびりついたものだ。もっと、確かに信念を燃やして学んでいきたいとも思う。それこそ過去に日本人たちが英語を学び、見果てぬ「ペラペラ」を目指したようにだ。今日読んだ江利川春雄の本が語っているように(ちくま新書から出ているお買い得な本なので、ぜひともお薦めします!)。

2024/02/26 English

BGM: The Who - Magic Bus

I worked late today. This morning, at AEON I read a book by Haruo Erikawa, which has the title "English and the Japanese people [江利川春雄『英語と日本人』] ." Reading it, I have found that it is really a "funny" and thrilling one. It tells us how hard we the Japanese people have had a serious, and also funny struggle to learn English. Yes, the struggle has been going on for about 200 years.

We have spent such a long time to learn English, but it seems to be almost an impossible project to accomplish. Then, why do I STILL keep on learning English? Being fluent in using English is simply cool? Or I want to become a kind of "cosmopolitan"? I can't see, but anyway I use English without concerning any ideas as silly tactics.

This book tells me a good opinion/idea. It is that the ability of using English fluently won't determine/decide how valuable they are. About this point, I have to reflect on the thoughts I had during my childish past days. Certainly, once I had thought that fluent speakers must have been greater than "ordinary" people. Oh, what a silly idea. I had to understand the simple fact that everybody must be great as they are.

Looking back... and I remember this. Before this great internet era, I had thought that Japanese (mainly monolingual) people were not so great that we had to study English so hard to become as great people as various foreign people. But, now "the diversity age" has come. I want to think about how I can show this myself as a true size of Japanese honestly. Can I get out from any stubborn bias?

I remembered this - A friend of mine said to me this morning as my English level seems like "almost" C2 one. But tbh, I can't find how great that level can be... Of course, I'm really glad to hear that. And also, I can't believe that comment because once my English was really poor. Even now, my pronunciation contains really tough Japanese sound. Therefore, I need to practice English more with trying to keep on having a certain spirit, which once ancient Japanese people/learners must have had to learn English to become absolutely fluent (as the book I've read tells.)

2024/02/25 BGM: Asia - Heat Of The Moment

今日は休日だった。今朝、中国の友だちとWeChat(微信)を使って会話に興じた。会話では彼女が英語を使ってくれて、ビデオ通話で思う存分ぼくも英語を披露することができた。とても有意義なひと時だった。いや、恥ずかしかったこともまた確かではあったのだけれど(何よりも先に、髭を剃るべきだった!)彼女は優しさを見せてくれて、それゆえにぼくは実にこのワンダフルなイベントを満喫できたのだった。

でも、その会合が終わったあと考えてしまう――いったいぜんたい、ぼくは中国について何を知っていて思い出せるというのか。他のアジアの国々からは? いや、「偽善もはなはだしい」と言われれば返す言葉もないのだけれど(あるいは実に繊細な、ややこしすぎる話題かなとも思うのだけれど)それでもこの話題・この事実を顧みる。ぼくはアジアの小国の一員だ。黒い髪と目、そして黄色い(?)肌。でも気がつくとぼくは自分が西欧の国々、とりわけイギリスとアメリカの方ばかり見てしまっていることに気づく。

ぼくは学生時代は世界史を履修したので日本史には疎いのだけれど、それでも振り返るに過去にぼくのような日本人の先祖たちは、それこそ西欧の急ピッチな進歩に「追いつき追い越せ」な勢いでせっせと・猛烈に学んだことを思い出せる。いわゆる「脱亜入欧」の精神だ。だから西欧の文化・文物から来る産物を学ぶことができたのだろう。政治からポップカルチャーまで(いまだってたぶんそうだ)。だからそれが一概に・単純に絶対悪だとは口が裂けても言わない。「ネトウヨ」だっていまどきそんなことは言わない。でも他の国の人からこんな日本の姿はどう見えるのかなあとも考えた。クールなのかそれとも奇妙なのか。

昼寝をしたあと、佐伯一麦が本についてしたためたエッセイの集成『からっぽを充たす』を読む。彼の小説は(実はぼくは『ア・ルース・ボーイ』程度しか読めていないニワカなのだが)しばしば「私小説」と言われる。彼自身の個人的な記憶・思い出から来る産物を回想した一種のコレクションのことだ。この日本の「私小説」の伝統をどう海外に紹介したらいいのかなあ、と考えてしまう。いやもちろんウィキペディアの記事にもなっていて、ゆえにぼくは「出る幕ではない」と言われれば返す言葉もない……けど、この問いは刺激的である。

その佐伯一麦の本を読み終え、ビクトリアさんのことを連想しつつマーシャ・ゲッセンの力作にして問題作『ロシア 奪われた未来』を読みはじめてみる。ロシアの暗部に触れた作品のようで、異論も向けられているがそれも込みで目が離せない1作であることも確か。でも、いったいぜんたいなんだってこんな本を読むのか。わからない。わからないけど、勘がそそのかすままに読み続け、そして考え続ける。

2024/02/25 English

It was a day off today. This morning, I talked with a Chinese friend on WeChat. We used English to enjoy that talking (we used the video function,) and I found it was really an wonderful event. Even though it was a little bit embarrassing for me (actually, I must have shaved my beard!) she showed her huge kindness/gracefulness certainly therefore I actually/deeply can have enjoyed this wonderful event.

But, after having that meeting I have thought - What on earth can I recall as any Chinese essences? What can I think from any Asian countries? You might/would say I'm just trying to be hypocritical, or simply this topic is too sensitive to enjoy, but I have to go back to this issue/fact... Basically, I am an Asian one with black hair, black eyes, and yellow skin. But I always tend to look at the Western countries as England and America.

Remembering this country Japan's history, I can see that we Japanese once had tried to follow the Western countries' rapid progress so hardly/seriously (we say this as "leave Asia to enter Europe [脱亜入欧]".) That efforts have enabled us to learn various products of Western cultures (from politic to pop culture...) So I won't say it must be simply bad/wrong, but I try to imagine how the other Asian countries see this Japanese figure. Is this strange, or cool?

After having a nap, I have read Kazumi Saeki [佐伯一麦], a great Japanese novelist's collection of essays. His novels are often described as "Shi-shousetsu [私小説] (Wikipedia says this can be said as "I-Novel".)" which is a collection of achievements which are based on his own personal memories (but he has tried to reproduce the novels as fiction.) How can I introduce this great tradition of Japanese "Shi-shousetsu"? This idea, this question is also so provoking for me.

And after finishing reading that novel by Saeki, with remembering Victoria, I started reading Masha Gassen's powerful work "The Future is History". It seems a great achievement which is telling me a secret history of Russia. I can't see why I am reading this - but who knows? As my inspiration/hunch whispers, I keep on enjoying them...

2024/02/24 BGM: Simon & Garfunkel - A Simple Desultory Philippic

今週のお題「習慣にしたいこと・していること」
どれだけ役立っているのか、さっぱり見当もつかないのだけれど……2020年からぼくは英語でいろんなアイデアの断片・破片をメモパッドに書きつけることを試みはじめた。姫路に行ってそこでドクターとお会いしたあと、その姫路にある東急ハンズの文具のコーナーで小さなメモパッド「ニーモシネ」を見つけた。そして、それを使ってみることを思いついた。その後、4年間にわたって毎日このメモパッドにせっせとメモを書きつけているのだった。

いったいぜんたい、どうしたってこんな「英語を使うこと」を思いついてしまったのか。わからないけれど、でも英語を使うことはぼくに向いているみたいで続けることができている。ぼくは意志が強いわけではないし(強かったらもっと1冊の本をねばり強く読んだり、偉大な仕事ができていたりするだろう)、それに生真面目な人間というわけでもないかなとも思う。なので言えることはただ、こんな感じの習慣はその人に合ったものさえ見つけられれば「誰でもできる」ということに尽きるということだ。「誰でもできること」だ(大事なことなので2度言う)。

日本に住んで・暮らしていればわかるように、日本の日常生活で英語なんてめったに使うものではない。日本人のぼくたちは英語を実に熱心に・虚心に学ぶが、マスターするのは至難の業だ。この英語メモの習慣をはじめたとき、ぼくは自分のアイデアを説明するためのしっくりくる言葉を見つけられずにほんとうに苦心惨憺たる思いがしたものだ。この域に達するまでには練習・修練が必要だった。

そして、自分に向かってこう自問する。この習慣は自分自身を変えたのだろうか。確かにこうすることでぼくは実際に英語を使う機会に恵まれた(なにせ毎日書き続けたのだから)。ぼくにとっては英語を使うことは別世界・別次元に移動することを意味するようだ。いろんな本に書かれているように、外国語を使うことは未知の・眠れるパーソナリティ(人格)を見出すことにも通じるようだ。慎重に考えなければならないことがらになってくるが、英語を使うことがぼく自身の人格を込み入った、「深い」ものにしていることは確かなようだ――と書くとしかし、「英語を使えない人間は単細胞だとでもいうのか」という話題になってくるので難しいのだった(そんなことはもちろん「ありえない」と思う)。

今日は早番で、その後Discordでミーティングを楽しむ。そして、ぼく自身の友だちであるビクトリアさんの主宰されたzoomでのミーティングに参加した。そこでぼくたちは、『ギヴァー』という小説を読んでいきながらディストピアについて話し合った。さまざまな名作群を思い出してしまう。ジョージ・オーウェル1984年』、あるいはテリー・ギリアムの映画『未来世紀ブラジル』(ここでふと『トゥルーマン・ショー』はどうだろう、と思ってしまう)。ただぼくの英語力ではなかなかディスカッションに追いつけず、したがって蛮勇を奮ってもっと会話を鍛えないといけないとわかった。それだけでも収穫というものだった。ビクトリアさん、ありがとうございました!

2024/02/24 English

BGM: Simon & Garfunkel - A Simple Desultory Philippic

I can't see how much this can work for me - but from 2020, I started trying to write down various ideas on a memo pad in English. It was when I had gone to Himeji to see my doctor. After that meeting, I went to a stationery shop at there and found the tiny memo pad "Mnemosyne", and got an inspiration to use it. And - for four years I have been writing this memo everyday.

But, why on earth did I start using English to write? I can't tell - but using English must have suit for me, therefore I can keep on doing this. I will never say that I have a strong will, and also am a diligent person. So all I can say about this is just you should find your own way to keep on having any great habits like this.

TBH, when you live in Japan, you rarely use English during usual daily life. Although we the Japanese ones have learned English really hardly, it is really difficult for us to master that. And, when I started this habit of writing this, I had to find that it was really difficult for me to find out any proper words to explain my ideas. Yes, I needed to make practices to arrive this stage/level.

And I ask this for me now- has this habit changed me? Indeed, this has afforded me many opportunities of using English actually. For me, using English can mean that I can move/transfer into another world/dimension. Yes, as some books tell, by using foreign/alternative language I can find an unseen/sleeping personality of mine. Although this must need us to think about carefully, I say using English makes my personality really complicated, therefore really profound.

Today I worked early, and after that I attended an online meeting on Discord. After that, I enjoyed a great friend of mine, Victoria's room on zoom. There, we talked about dystopia by reading a novel "The Giver." It reminded me of various great achievements (Yes, George Orwell's novel "1984", Terry Gilliam's movie "Brazil" - and how about suggesting "The Truman Show"?) However, it seems my English level is not enough for following the discussion so I need to have a courage to practice at any actual conversation. Thank you, Victoria!

2024/02/23 BGM: Pat Martino - Both Sides, Now

今日は遅番だった。今朝、いつものように本を読んだり考えごとをしたりしようかと思った。でも身が入らなかった。理由はわからないけれど、多分この悪天候のせいだろう。寒暖差も激しいし……だから朝活としてのそうした読書や思索は諦めて、英会話教室の宿題の英作文を書いてみることにした。

話題としてその紙にしたためたのは、精神年齢についてである。実を言うと心の底、根っこの部分で自分はいったい精神的にいくつなんだろうとしょっちゅう考えてしまう。これは前の英会話教室のレッスンの話題が誕生日についてだったことも関係している。この日記にも書いてきたけれど、今年ぼくは49歳になる。でも、それは実に奇異というか信じられない事実だ。あまり自虐がすぎるのもよくないのだけれど、でもまだぼくは自分のメンタリティ(精神面)がガキンチョだなあとさえ思ってしまうのだった。

青春の日々、恐ろしかった暗黒時代を振り返る――そしていったいこの人生で何が変わったものかと考える。あの大学生の頃、ぼくはブリットポップ(90年代に流行った、英国文化を誇示した華麗なロック・ミュージック)とテクノを愛好する青年だった。いま、ぼくはパット・マルティーノの流麗で洗練された演奏を楽しむ。だからその面ではぼくは変わったのだ。成長したってことだろうか。空に向かって問いかけてみる。ああ、でも答えは帰ってこない。

スナック菓子をボリボリ食べてしまったり、寿司をわさび抜きで食べたり、仕事にはまるっきり役立たない村上春樹を読んだり。そんな事実を鑑みると、まだ子どもなのだなあと思う。でも、子どもの頃ぼくはある意味いまより老けていたのではなかったか。坂口安吾は「風と光と二十の私と」でこんなことを語っている。「私は近頃、誰しも人は少年から大人になる一期間、大人よりも老成する時があるのではないかと考えるようになった」。なら、ぼくもまた大人になる仮定で老いてしまった時期を生きたこともなんら不思議ではないわけだ。ここにも何度も書いたけれど、ある意味ではいまが「プライムタイム(青春の日々)」なのかなあとさえ思う。遅れてきた青年!?

感謝とともに記すのは、DiscordやMeWeやFacebookでこの日記の読者が親切心を示してくださることだ。ありがたいと思う。でも、なぜこの日記がそうした人を引き付けるのかは考えたことがない。ただのデパートの従業員で、強いて言えば村上春樹ウィトゲンシュタインが好きで、それだけだ。ああ、人生は謎でそして奥が深い。