人生は上々だ

Life is good.

2022/09/20

台風一過。清々しい天気の1日だった。早番だったのだけど、朝いつものように考え事をする。幸せとは何かについて考えた。ただ座して幸せとは何かを云々考えていても幸せにはなれない気がする。仕事をこなすなり本を読むなり、何かを書き始めるなりして行動することによってこそ幸せとは何かがはっきりしてくるのではないか。身体を動かし始め温めていると、気持ちも興奮してくる。その時、全身全霊を込めて何かに没頭している時に私は確たる幸せを感じられる。そこには小賢しい損得勘定はない。惜しみなく自分のエネルギーをアクティビティの中に注ぎ込める。それが幸せなのだと思う。

幸せとは……でも、私はある意味ではもう充分幸せではないかとも思う。もちろんお金も欲しいしロマンスだって味わいたいし、そんなマテリアルな欲望が自分の中には煮えたぎっている。プロの作家になるという夢を諦めたわけではない。ただ同時に、私はもう確かに信頼できる読み手の方、あるいは端的に信頼できる友だちや先輩に恵まれているとも思う。DiscordにもMeWeにも、Facebookにもリアルにも、至るところにそうした友だちが居るのを感じる。私に愛を以て接して下さっている方々を犠牲にした幸せに私は興味はない。今の幸せの延長上に、もっと大きくなれる可能性があればいいのだけれど。

友だちのために、あるいは先輩たちのためにせめて何か書けないだろうか? とふと考えた。それで、タイトルを急ごしらえで「undercooled」と決めて自分の中で煮えたぎっている感情について書きたくなってきたので、仕事が終わるとさっそくグループホームに帰って書き始めた。ジュディスさんやリアルでの発達障害関連の知り合いの方、英語学習のWhatsAppのグループで知り合った方やMeWeで知り合った方、様々な方にこのメッセージが届けばいいなと思う。飽きっぽい自分なのだけれど、これはいつまで続くだろうか(コメントなどいただければ書き続けるモチベーションになるかもしれません。他力本願になりますが)。

夜、台風が私の精神を蝕んでいたのか、疲れて早々に眠ってしまった。おかげで有意義な活動が何もできなかった。まあしょうがない。私は結局大成することもなく人生を閉じるのだろう。ベストセラー作家になれず、成功や勝利の味もわからないまま……でもある意味ではこれもまた勝利だろう。書きたいことを書ける。大事な人に読んでもらえる。親しくして下さる方に自分の弱音を語れる。過去に手ひどく裏切られて傷ついた過去を思い出す。まあ、肝腎の作品がないと成功どころの騒ぎではない。なので「undercooled」を書き続けたいと思う。

kakuyomu.jp