犬は吠えるがキャラバンは進む

The Dogs Bark, But The Caravan Moves On.

Entries from 2021-10-29 to 1 day

2021/10/28 English

I've read Toshiyuki Horie's "Forgetting days at a riverbank" at last. This novel is a collection of very short chapters (maybe they are so-called "fragments"). This novel doesn't have any stories and also stays quiet. It is like a ship the…

2021/10/28

堀江敏幸『河岸忘日抄』をようやく読む。断章というか断片の集積によって書かれた小説で、筋らしい筋はない。それはさながら主人公が住む、停泊している船のようだ。どこにも進まない。主人公はチェーホフを読み、思索に耽る。だが、「退屈」ではない。私に…

はてなブロガーに10の質問

はてなブログ10周年特別お題「はてなブロガーに10の質問」 ブログ名もしくはハンドルネームの由来は? 「Back To Life」というタイトルはSoul II Soulというイギリスのソウル・ミュージック・グループの曲から採った。たまたまこのブログを作ろうと思ってい…